冷え性の人はバストアップしても意味がない!?

MENU

冷え性の人はバストアップしても効果がない!?

冷え性の女性

女性は冷え性の人が多く夏でも冷房で冷えて悩んでいる人が多いですね。

冷えは万病の元とも言われるほど、女性の身体には良くありません。
身体が冷えている状態は血行が良くない状態なので、身体の循環が悪くなり栄養が必要なバストにきちんと行きわたっていない状態です。

 

それどころかバストアップにはジャマな老廃物や毒素が排出されないでとどまっているので、免疫力の低下、むくみ、女性ならではの生理痛、不妊症など身体にはマイナスなことばかりです。

 

なので、バストアップラボを頑張っているのにバストアップ効果がない!
と悩んでいる人は、冷え性が原因というのが考えられます。

 

でも簡単には身体は温まらないと悩んでいる人に、おすすめの方法を紹介します。

冷え性を改善する方法

身体を芯から温めるには腰を重点的に保温することが大事です。
仙骨と呼ぶ背中の尾てい骨あたりにカイロを貼るなどして冷やさないように心がけると、
仙骨周辺にある自律神経が刺激されて体全体が温まります。

 

腰には子宮、卵巣など大事な臓器があるので温めて巡りを良くすることで、
ホルモンバランスも改善できて、バストアップにつながるところがポイントです。

 

腹巻を使うのも手軽で温めには良い方法です。

 

腰の次はふくらはぎに注目です。
ふくらはぎを温める本なども出版されており注目を集めていますが、
ふくらはぎは第二の心臓と呼ばれるほど血液を心臓に送り出すポンプの役割をしています。
そのため冷やしてしまうと筋肉がこわばって血流が阻害され、冷えの原因になります。

 

女性は腰を温めてもふくらはぎには無頓着な人が多いのではないでしょうか?

 

レッグウォーマーを履いている女性

保温性の高いタイツを履く、パンツスタイルにする、レッグウォーマーを使うなど冷やさない工夫をしましょう。
ふくらはぎのポンプ効果を高めることも冷え解消と巡りのためには重要です。

 

軽いジョギングや階段を上がるとき、歯磨き、
料理の時などに爪先立ちを繰り返すだけで筋力アップできて循環が良くなり、バストパップに良い効果があらわれます。

関連ページ

豊胸手術失敗するのが怖い!豊胸を考えるその前に
豊胸手術は必ず成功するものではありません。豊胸手術を考える前にバストアップについて
バストアップサプリでバストアップは体に悪い?
バストアップサプリでバストアップは体に悪いという噂について
バストアップのためには矯正下着は必要?
バストアップするためには矯正下着は必要なのかについて
ブラジャーの選び方でサイズをまちがえると胸が垂れてしまう
ブラジャーの選び方は大事です。サイズをまちがえていると胸が垂れてしまうことについて